日本の幼児教育に欠けているお泊り教育!この点は欧米型が参考に!

日本において幼児を育てている多くご家庭では、子供と一緒に寝るママも多いのではないでしょうか?しかし、幼児の育児の面で幼児に添い寝するのはあまり良くないと言う意見も出て来ています。実際に欧米などで幼児に添い寝することは色々なリスクがあると考えられていて、将来的な子供の自立心を伸ばして行くことについて大きな教育上の障害になると見做されているのです。

また、日本にて幼児への添い寝に関する危険性は、母親の寝相の悪さで子供を上から窒息させる恐れがあると言うことになります。場合によっては夜中に子供を圧迫して寝ても気付かないと言う大変危険な状態に陥るでしょう。

これにより、日本でも出来るだけ早くからお泊り教育を始めることが良いとされるようになっていて、欧米型の方式を丸々参考にすることが出来ませんが早くからベビーベッドによって一人で寝ることになれさせることが重要です。また、保育園などは母親が居なくても寝られる教育が出来るのでその存在は大変有意義になります。

海外の幼児育児・教育についての現状-台湾編-

アジアでも働く女性が多いとされる台湾。結婚後して出産しても、専業主婦になることは極めて少ないのです。それは働き続けることで女性もキャリアを失わないメリットがあるからです。また、子供を生んでからも2か月程度で職場に戻るケースも多く、育児を一家全員で行うことが一般的な社会となっているでしょう。

幼稚園に入る年齢になるまではベビーシッターを使って、もしくは両親に頼んで育児を行うことも多い分けです。しかし、最もメジャーなのはベビーシッターですが、台湾では幼児の育児に理解を示す職場も多いので何かあればすぐに早退できる環境も珍しくありません。

また、育児や家庭教育に関しても台湾人は旦那の積極的な協力を得られることから、台湾女性にしてみれば非常に恵まれた社会と言えるでしょう。しかし、台湾の出生率は世界の中でも最も悪い事で知られていますので、育児環境が有る程度は良くても子供を生みにくい事情が別のところに内在していることも否めません。

幼児教育の今昔!育児のやり方とスタンスはこう変わった!

1970年代から比べますと、現在の日本の幼児教育は大変な様変わりをしました。それまで大家族が中心だった日本では、親が基本的に教育すると言う大きな前提はあっても祖父母に見てもらえると言う1つの安心感が有りました。

しかし、時が経って親世代との同居を望まない子世代が増えてきた結果、子育てを単独でしなければならなくなって心の拠り所を失っている傾向も大変顕著となっています。つまり、嫁と姑の関係からは解き放たれても子育ての重圧に耐えられずに育児ノイローゼになるリスクはむしろ増えたと言えるでしょう。

言ってみればかつての育児は現実重視、現在の育児は理想追求といった状況となる分けです。また、かつては近所に育児などに相談に乗ってくれるお節介な方が居たものですが、今は自治会なども希薄になって異なる年代同士の交流が難しくなっています。昔は親が居なくても子は育つと言った社会で育児ができる状況も実現可能でしたが、現在は親自身しか育児をやる機会がないので育児に対するプレッシャーは相当高まっているのです。

家庭保育園を始める時期はどのくらいがベスト?

幼児教育の始める時期に関しては悩む親御さんが多いでしょう。幼児教室はできるだけ早く入れた方がよいという意見もあれば、3歳より前に入れても意味がないと考える人もいます。子供の成長や発達は個人差が大きいので、一概に何歳ということは難しいのですが、教材を使用して家で行う幼児教育の場合はどのくらいの年齢を目安にするとよいのでしょうか?家庭でできる幼児教育ツールの教材として絶大な人気を誇っているのが創業35」年を誇る日本学校図書の家庭保育園です。家庭保育園をスタートする時期に関してですが、平均では2~3歳でプログラムをスタートするケースが多いように見られます。また家庭保育園をはじめたことによって、育児に行き詰まりを感じていたという母親も楽になったと感じるようになったり、他のママさんとのコミュニケーションツールとしても利用できるようになったりすると言われていますよ。母親と子供が向き合って勉強をしていくこちによって母と子供との信頼関係も深くなるのでおすすめです。