何故、幼児教育の無償化が注目されているのか

最近、幼児教育の無償化についてよくニュースで取り上げられています。これは現在の政権の目玉政策のひとつのようです。先月、国会で行われた施政方針演説の中でも、子どもたちの未来が家庭の経済事情に左右されないように、ということで幼児教育の無償化に取り組む必要性が話されました。つまり、言い換えれば幼児期の教育の差がそのまま子どもの学力に結びつき、そしてその学力の格差が大人になったときの経済格差につながっていくことが危惧されているということです。将来の経済格差が実は幼児期に始まっているということを考えると、幼児教育がいかに重要かがわかるのではないでしょうか。幼児教育というのは実際には学力というよりはむしろ、健全な心や体力、そして同時に物事を考える力を培うためのものです。健全な心や考え方が幼い頃に基礎として身についている子どもは、就学後も友達と仲良くする、先生に敬意を払って接することができ、結果、先生にとっても親切に教えてあげたいと思える子どもになるのです。

森のようちえん

「森のようちえん」を皆さんはご存知でしょうか。これはデンマークで始まった幼児教育の方法で今ではデンマークでは当たり前となっており、ドイツや北欧でも広がっています。森のようちえんというのは、特に幼稚園の園舎を設けずに、自然の中で子度も舘を自由に遊ばせて、その自然の中での遊びを通して自分で考えることを学ぶ、というものです。園舎がないわけですから、当然遊ぶための遊具などもありません。子どもたちは自分で森の中で遊び方を考える必要があるのです。保育する大人は子どもたちを過度に指導するようなことをせず子どもの自主性に任せるという方法です。実は、日本においても今年2015年度から鳥取県において森のようちえんの認証制度を創設することになった、というニュースが先日出ていました。この森のようちえんという幼児教育法ですが、森で過ごすことで、子どもたちは体が鍛えられるだけでなく、感性、協調性、創造力が高まるようです。今後、日本の他の都道府県でも「森のようちえん」が増えていくかもしれません。

子どもの知的成長の基礎

最近、ニュースなどでときどき取り上げられることが、親の収入で子どもの学力が変わる、という点です。これだけ聞くと、収入によって子どもの学力が決まるなんてありえない、とか、あるいは逆にそれが事実であれば我が家もそんなに期待できない、などと感じてしまう親の方もおられるかもしれません。何故、このような統計が出てしまうのでしょうか。その理由として、収入がそれほど多くない家庭の親たちは、子どもの教育に対する意識が最初から低く、放任的な傾向が強い、という要因があるようです。あるいは親自身が勉強や学校に対する苦手意識や良くない思い出が多いことから、自然と子どもに対しても勉強に向かわせなくなる、という傾向も見られるようです。しかし、実は幼児期の教育で子どもの知的成長は全く変わってくるということを知るなら、すべての親が子どもの教育に対して積極的になれるはずです。就学後の塾などにお金をかけるよりも、むしろ幼児期に学ぶ楽しさを教える幼児教育こそ、子どもの本当の知的成長の基礎となるからです。

大手幼児教室と小規模幼児教室の違いとは?

幼児教室と一言でいっても日本全国にたくさんあります。規模的にも全国規模で行っている支店数の多い大手の幼児教室もあれば、中規模クラスの幼児教室、個人の先生やボランティアで行っているようなアットホームな幼児教室もあるでしょう。幼児教室を選ぶのは大変ですが、その教室の特色やカラーを把握することが重要でしょう。まず大手の幼児教室の場合、幼児教育に関する指針や方針が明確化されています。また月謝などもきちんと決まっています。しかし大手の教室の中にはカリキュラムを何十年も変えずに行っているところもあるもあるので気を付けましょう。中堅どころの幼児教室の場合、勉強熱心なカリキュラムを行ってくれる良い教室もあれば、低レベル教室もあるので当たり外れがあるかもしれません。また育児や保育の延長のようなお預かりがメインな幼児教室もあるので、特色を確認しましょう。個人で行っている幼児教室の場合、先生によって質が全く異なります。実力のある先生の教室であれば、子供の成長速度は上がるでしょう。

幼児教育は早めにスタートすべき

幼児教室とは幼児教育を行う場であります。幼児教室は幼稚園に入園前の3歳までに入ることが多く、幼稚園での集団生活をスムーズに行うためや、子供の能力を伸ばしてあげるためなどの目的があります。

また本当の意味で頭のよい子供に育てる為には3歳までの環境をしっかりと親が作ってあげることが重要になると言われています。知識の詰め込みや丸暗記などは小学校に入った後でも努力を行えば身に着けることができますが、想像力、解決力、思考力といった頭の良さを養うためには早期からそれ専用の教育を受けさせてあげることが重要なのです。

日々の育児だけでは、子供にとって想像力、解決力、思考力を完璧に養うことは難しいと言われています。3歳までの80%、6歳までに90%の子が脳の発達がその時期に決まってしまうと言われているのです。つまり幼児教育はできるだけ早めにスタートした方が効果が得られやすく、今後の人生を決定する要因になると言われています。

家庭保育園を通った体験談等を読むと、親子が、コミュニュケーションやスキンシップを子供と取りながら遊んだり、絵本を読んだり、することで、少しずつ大事にその子の考える力を養っていくようです。親子の触れ合いを通して、心を育ち、多くの事に興味を持たせるように親が教えるというのが、本来の幼児教育の成果のようです。

家庭保育園のように、自然の形で幼児教育をするのが、ノルマ至上主義の教育より、遠回りでも早い育児法なのかもしれません。

コードレスの電子黒板が主流

電子黒板もどんどん進化しているのですが、現在企業で使われているインタラクティブホワイトボードの多くは、コードレスの物が主流になっています。コードレスというのはコードがないので、コードに引っ掛けて転ぶという事故も発生しません。しかし、コードレスだと通信機能を使うことになるので、不具合が出ることもありました。
現在ではこのような不具合は起こりにくくなっているので、だいぶ通勤機能も向上しています。そのため、コードレスであっても問題なく使用できるインタラクティブホワイトボードがたくさん出てきたので、企業で行われている重要な会議であっても安心して使用できるようになりました。
昔はコードレスの製品を使うためには、ソフトウェアをインストールする必要があったのですが、現在ではソフトウェアをインストールする必要もなく、コードレスの製品を使用できる種類が多くなっています。今後はインタラクティブホワイトボードもどんどん進化していくので、もっと性能が高まってくるでしょう。