高いところが大好きな子供!幼児期の育児における適切な遊び方を徹底的に教育する!

子供は高いところが大好きですが、決してすべての子供が好きと言う分けではありません。しかし、高いところが苦手すぎることも考えものでして、多かれ少なかれ社会適応力の障害となって行くことでしょう。これにより、幼児期における子供の遊ばせ方にも工夫しなければなりません。

育児段階においてはどちらかと言うと高い場所で遊ばないように教育することも多いですが、決して高い場所で遊ぶことが駄目だと言うわけでは無いのです。例えば、幼児の場合は公園などの滑り台などでよく遊びますが、あれも高い所に上る方法を教えるためのものなのです。そして、如何に安全にそこから下に降りるかを自らが考えなければなりません。

また、遊び場そのものが高い場所にある場合でも、そこから柵を越えて出て行かないなどの教育をしておけば非常に安全に遊ぶことが可能になります。つまり、高い場所に行った時にどう行動すべきかを親がしっかりと教えておくことが重要になるでしょう。

日本の幼児教育に欠けているお泊り教育!この点は欧米型が参考に!

日本において幼児を育てている多くご家庭では、子供と一緒に寝るママも多いのではないでしょうか?しかし、幼児の育児の面で幼児に添い寝するのはあまり良くないと言う意見も出て来ています。実際に欧米などで幼児に添い寝することは色々なリスクがあると考えられていて、将来的な子供の自立心を伸ばして行くことについて大きな教育上の障害になると見做されているのです。

また、日本にて幼児への添い寝に関する危険性は、母親の寝相の悪さで子供を上から窒息させる恐れがあると言うことになります。場合によっては夜中に子供を圧迫して寝ても気付かないと言う大変危険な状態に陥るでしょう。

これにより、日本でも出来るだけ早くからお泊り教育を始めることが良いとされるようになっていて、欧米型の方式を丸々参考にすることが出来ませんが早くからベビーベッドによって一人で寝ることになれさせることが重要です。また、保育園などは母親が居なくても寝られる教育が出来るのでその存在は大変有意義になります。

幼児教育の今昔!育児のやり方とスタンスはこう変わった!

1970年代から比べますと、現在の日本の幼児教育は大変な様変わりをしました。それまで大家族が中心だった日本では、親が基本的に教育すると言う大きな前提はあっても祖父母に見てもらえると言う1つの安心感が有りました。

しかし、時が経って親世代との同居を望まない子世代が増えてきた結果、子育てを単独でしなければならなくなって心の拠り所を失っている傾向も大変顕著となっています。つまり、嫁と姑の関係からは解き放たれても子育ての重圧に耐えられずに育児ノイローゼになるリスクはむしろ増えたと言えるでしょう。

言ってみればかつての育児は現実重視、現在の育児は理想追求といった状況となる分けです。また、かつては近所に育児などに相談に乗ってくれるお節介な方が居たものですが、今は自治会なども希薄になって異なる年代同士の交流が難しくなっています。昔は親が居なくても子は育つと言った社会で育児ができる状況も実現可能でしたが、現在は親自身しか育児をやる機会がないので育児に対するプレッシャーは相当高まっているのです。

家庭保育園を始める時期はどのくらいがベスト?

幼児教育の始める時期に関しては悩む親御さんが多いでしょう。幼児教室はできるだけ早く入れた方がよいという意見もあれば、3歳より前に入れても意味がないと考える人もいます。子供の成長や発達は個人差が大きいので、一概に何歳ということは難しいのですが、教材を使用して家で行う幼児教育の場合はどのくらいの年齢を目安にするとよいのでしょうか?家庭でできる幼児教育ツールの教材として絶大な人気を誇っているのが創業35」年を誇る日本学校図書の家庭保育園です。家庭保育園をスタートする時期に関してですが、平均では2~3歳でプログラムをスタートするケースが多いように見られます。また家庭保育園をはじめたことによって、育児に行き詰まりを感じていたという母親も楽になったと感じるようになったり、他のママさんとのコミュニケーションツールとしても利用できるようになったりすると言われていますよ。母親と子供が向き合って勉強をしていくこちによって母と子供との信頼関係も深くなるのでおすすめです。

幼児期の子供の1日は大人1ヶ月分の価値がある

人間は平均でも80年は行きます。その長い期間の中で幼児期はたったの5%程度にすぎないのです。その5%の時期の間に生涯にわたる人間形成の基礎や能力などが養われる非常に重要な時期と言えるのです。幼児期の子供にとって1日24時間は大人1ヶ月分にも相当するほどの価値があると言われるほど充実した時間を送ることができるのです。それほど子供は幼児期に様々な経験を積み重ねることで自分の知識として蓄えていくのです。幼児教育はこの最も吸収がよい幼児期に行う教育のことであり、集団生活などを勉強しながら、体や心を思う存分使って様々な勉強をしていきます。幼児教室では幼児教育のプロが育児とは違う観点から、子供たちに様々なことを体験させてあげることができるのです。また最近の幼児教室では母親に対するフォローも充実しており、ちょっと育児疲れしてしまったなという時や、悩みがある時でも先生はアドバイスにのってくれるでしょう。大切な子供の将来を考えるのであれば早くからの幼児教育は大切であると言えます。

幼いわが子がうそをついたなら

まだ幼いわが子が突然うそをつくようになります。大抵の親は愕然とするでしょう。また、こんな幼いうちから平気でうそをつく子どもになってしまったのか、と思ってショックを受けるかもしれません。しかし、実際のところ子どもは幼くてもうそをつくことがあります。うそをついたことで、すぐ悪い子になってしまったと考えて慌てないようにしましょう。むしろ、その時どんな反応を示すのが一番良いかをきちんと考えておくことが大切です。まず、わが子は何故うそをついたのか、そのことを正しく理解することが必要です。怒られることを恐れているからでしょうか。あるいは親にがっかりされたくないからでしょうか、何故うそをついているかを理解できれば、正しい方法で子どもを正すことができます。子どもは普通、親に喜ばれたいという気持ちを持っています。ですから、その気持ちを生かす仕方で普段から、我が家では正直に話すことがもっとも大切であること、正直に話してくれると親はどれほど嬉しいかを知らせておくようにしましょう。

ありがとう、ごめんなさいを言える子ども

一昔前は大家族が当たり前だったため、子どもは幼い頃から他人と一緒に物事を行い、他人と協力する協調性を自然と生活の中で身に着けることができていました。しかし、核家族化が進み子どもたちは家族のなかで兄弟たちと協力したり、譲歩したりといった協調性を身に着ける機会が少なくなっています。そこで、家族の中で意識的に幼児教育の一環として他の人と協力する協調性や社会性を身につけることができるよう助けていくことが必要です。そのために教えてあげるべき大切なこと、それは感謝の気持ちを表す「ありがとう」、間違ったことをしたときや相手を傷つけたときに許しを求める「ごめんなさい」という二つの言葉です。実は一見簡単にも思えるこの言葉を言うことができないがために、他の人とスムーズな人間関係を結べない人が増えています。子どもの頃から、素直にありがとうと言える心、そして謝ることを恥と思わない謙虚な心を持つことを育むなら、協調性、社会性を身に着けた大人へと成長できるのです。

幼児期になぜ?どうして?の思考パターンを築こう

幼児期の教育で重視したいことは、将来の土台を築く、ということ。つまり、幼児期に特別な学力を培えるよう教育する、のではなく、将来就学後にあるいはもう少し大きくなってから、学力や人としての社会性や協調性、あきらめない心といった力を伸ばすことができるような基礎を築くことが重要です。しっかりとした土台の上だけにしっかりとした建物を立てることができるのと同じです。幼児期の子どもは恐ろしいほどの速度でさまざまなことを覚えていきます。でも、暗記型の教育をしないように注意しましょう。むしろ、幼い頃から思考力を鍛えるように助けましょう。これは何か特別なことをするということではありません。いつも、どうしてだろうね?何でだろうね?~ちゃんは何でだと思う?といった質問をするということです。こうした質問をすることで子どもの脳には理由を考える、という思考パターンができあがっていきます。そしてこの思考パターンは好奇心や探究心を生み出し、それがやがては学力にもつながっていくのです。

人間力を磨く出会い

学力はあっても人とうまく付き合えない、任された仕事を最後までやり遂げることができない、想像力がない・・・残念ながら、最近の若者はこのように評価されてしまいます。悲しいことですが、そう思われても仕方がない状況が社会で多く見られるからです。想像力、忍耐力、コミュニケーション能力、こうした「人間力」はどうやって身につくのでしょうか。幼少期に磨かれ始めます。幼少期の経験が、大人になって大きく影響を与えていくというわけです。そう考えると、どんな幼児教育をするかはとても大切なことと言えますね。最近、人気が出てきた芸人の一人が文学界で有名な大きな二つの賞にノミネートされたことが話題になり、今また読書が注目を浴びています。識字離れが増えている現在、本を読むことが見直されています。読書は、人の想像力を育みます。特に、感受性の強い幼少期に、多くの良い本に出会うことは、その子のその後の人生にとって大きな財産、糧になるでしょう。「人間力」は、多くの出会いによって磨かれるのです。

幼児期に英語の耳を作る

我が子には幼いうちから英語を習得してほしい、そんな風に願っているお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか。大人になってから英語を習得することの大変さを嫌というほど分かっているからです。最近では幼児期から英語を学ばせる幼児英語教育が非常に流行っていますよね。では、実際に英語教育というのは幼児期から始めることに意義があるのでしょうか。やはりあります。1~3歳までは人間にとって「耳の黄金期」とも言われており、正確に聞き取る耳を作るうえでもっとも優れた時期だからです。大人になってから英語を聞き取ろうと思っても、本当に難しいですよね。これは皆さんお分かりになると思います。人は聞くことのできる音しか発音できない」と言われていますから、聞き取れる耳を幼児期に作ることで発音する、話すこともできるようになるということです。幼児期の英語教育はお母さんの工夫次第で高いお金をかけなくても行うことができます。どのように行えるかについてはまた取り上げたいと思います。