タブレットを使っての授業スタイル

ここ数年流行り始めているのが、タブレットを使うという授業のスタイルです。教育界でもペーパーレス化が推進されていて、授業で使う副教材をタブレットで補おうといった試みも始まっています。知り合いの子供さんはそういった一連の取り組みを行うモデル校に通っており、一足先に電子黒板やタブレットを体験しているようです。私も彼が使用しているタブレットを見せてもらいましたが、養育に必要なアプリが最低限入っているのみで、ゲームなどの娯楽系は排除されていまたのです。これであれば親御さんも安心して持たせることができ、更なる学力の向上も見込めると思います。
その一方で教育ICTに関しての内容も充実していて、将来的に期待できるような人材育成をフォローしていくような様相も見せているのです。また私のような中年世代には新しい操作を覚えるまで時間を要することも十分に有り得るため、教職員の方が電子黒板やタブレットの操作を覚える方が逆に不安でもあるわけです。教育現場におけるこうした変化は、子供たちを取り巻く環境にもいろいろな意味で影響を及ぼしていく方向へと促されていくきっかけを生むことになるのです。それぞれのケースを見ていくことが大切です。