幼児期の子供の1日は大人1ヶ月分の価値がある

人間は平均でも80年は行きます。その長い期間の中で幼児期はたったの5%程度にすぎないのです。その5%の時期の間に生涯にわたる人間形成の基礎や能力などが養われる非常に重要な時期と言えるのです。幼児期の子供にとって1日24時間は大人1ヶ月分にも相当するほどの価値があると言われるほど充実した時間を送ることができるのです。それほど子供は幼児期に様々な経験を積み重ねることで自分の知識として蓄えていくのです。幼児教育はこの最も吸収がよい幼児期に行う教育のことであり、集団生活などを勉強しながら、体や心を思う存分使って様々な勉強をしていきます。幼児教室では幼児教育のプロが育児とは違う観点から、子供たちに様々なことを体験させてあげることができるのです。また最近の幼児教室では母親に対するフォローも充実しており、ちょっと育児疲れしてしまったなという時や、悩みがある時でも先生はアドバイスにのってくれるでしょう。大切な子供の将来を考えるのであれば早くからの幼児教育は大切であると言えます。