幼いわが子がうそをついたなら

まだ幼いわが子が突然うそをつくようになります。大抵の親は愕然とするでしょう。また、こんな幼いうちから平気でうそをつく子どもになってしまったのか、と思ってショックを受けるかもしれません。しかし、実際のところ子どもは幼くてもうそをつくことがあります。うそをついたことで、すぐ悪い子になってしまったと考えて慌てないようにしましょう。むしろ、その時どんな反応を示すのが一番良いかをきちんと考えておくことが大切です。まず、わが子は何故うそをついたのか、そのことを正しく理解することが必要です。怒られることを恐れているからでしょうか。あるいは親にがっかりされたくないからでしょうか、何故うそをついているかを理解できれば、正しい方法で子どもを正すことができます。子どもは普通、親に喜ばれたいという気持ちを持っています。ですから、その気持ちを生かす仕方で普段から、我が家では正直に話すことがもっとも大切であること、正直に話してくれると親はどれほど嬉しいかを知らせておくようにしましょう。