人間力を磨く出会い

学力はあっても人とうまく付き合えない、任された仕事を最後までやり遂げることができない、想像力がない・・・残念ながら、最近の若者はこのように評価されてしまいます。悲しいことですが、そう思われても仕方がない状況が社会で多く見られるからです。想像力、忍耐力、コミュニケーション能力、こうした「人間力」はどうやって身につくのでしょうか。幼少期に磨かれ始めます。幼少期の経験が、大人になって大きく影響を与えていくというわけです。そう考えると、どんな幼児教育をするかはとても大切なことと言えますね。最近、人気が出てきた芸人の一人が文学界で有名な大きな二つの賞にノミネートされたことが話題になり、今また読書が注目を浴びています。識字離れが増えている現在、本を読むことが見直されています。読書は、人の想像力を育みます。特に、感受性の強い幼少期に、多くの良い本に出会うことは、その子のその後の人生にとって大きな財産、糧になるでしょう。「人間力」は、多くの出会いによって磨かれるのです。