幼児期に英語の耳を作る

我が子には幼いうちから英語を習得してほしい、そんな風に願っているお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか。大人になってから英語を習得することの大変さを嫌というほど分かっているからです。最近では幼児期から英語を学ばせる幼児英語教育が非常に流行っていますよね。では、実際に英語教育というのは幼児期から始めることに意義があるのでしょうか。やはりあります。1~3歳までは人間にとって「耳の黄金期」とも言われており、正確に聞き取る耳を作るうえでもっとも優れた時期だからです。大人になってから英語を聞き取ろうと思っても、本当に難しいですよね。これは皆さんお分かりになると思います。人は聞くことのできる音しか発音できない」と言われていますから、聞き取れる耳を幼児期に作ることで発音する、話すこともできるようになるということです。幼児期の英語教育はお母さんの工夫次第で高いお金をかけなくても行うことができます。どのように行えるかについてはまた取り上げたいと思います。