子どもをスマホ依存症から守る

電車に乗ると周りの人はみんなスマホをいじっている、そんな光景を皆さんもご覧になったことがあるのではないでしょうか。あるいは自身がスマホに多くの時間を取られてしまっている、という方もおられるかもしれません。現在、スマホ依存症が少しずつ問題になっていますが、注意しないと幼児期の子どもたちもこのスマホ依存症に陥ってしまう可能性があります。幼いうちからスマホ依存症になってしまうとどのような悪影響があるのでしょうか。幼児うつ、注意欠陥、不安神経症などの精神的な病にかかるリスクが非常に高まるといわれています。そして、人と目と目を合わせて会話することができない人になってしまう可能性があります。そして、視力が低下します。また、睡眠障害を引き起こす可能性も高まります。それで、幼児期の子どもがいる家では子どもをスマホ依存症にさせないために十分な注意を払わなければなりません。スマホ、タブレット、パソコンはリビングの共有スペースにいつも置くようにしてください。そのようにして子どもがスマホ依存にならないよう守りましょう。