ぶれない見方を持つ

学ぶことは幼児にとって変化に富んだ楽しいものであるべきです。そして、幼児教育は幼児の精神面、感情面、身体面が十分に養われる仕方で行われることが大切です。この点で幼児教育の目的を見失わないことはとても大切ではないでしょうか。注意しないと、親のエゴやプライドが幼児教育の主な動機になってしまうことがあります。最初は正しい動機で始めていても、途中で間違った方向に行ってしまうことは誰しも起こりえます。ここで大切なことは、わが子を他の子と比較しない、ということです。お母さんたちは、否応なしにこうした会話を聞く機会が増えると思います。「~さんの家の子どもはもう~ができるようだ」とか「~さんの子どもはIQが高いそうだ」といった話です。こうした話を聞くと、比較する気持ちはなかったのに、わが子と比べてしまってプレッシャーをかけそうになることがあるかもしれません。ですから、幼児教育をする上でお母さんがぶれない見方をしっかりと持っておくことはとても大切なのです。