子どもの知的成長の基礎

最近、ニュースなどでときどき取り上げられることが、親の収入で子どもの学力が変わる、という点です。これだけ聞くと、収入によって子どもの学力が決まるなんてありえない、とか、あるいは逆にそれが事実であれば我が家もそんなに期待できない、などと感じてしまう親の方もおられるかもしれません。何故、このような統計が出てしまうのでしょうか。その理由として、収入がそれほど多くない家庭の親たちは、子どもの教育に対する意識が最初から低く、放任的な傾向が強い、という要因があるようです。あるいは親自身が勉強や学校に対する苦手意識や良くない思い出が多いことから、自然と子どもに対しても勉強に向かわせなくなる、という傾向も見られるようです。しかし、実は幼児期の教育で子どもの知的成長は全く変わってくるということを知るなら、すべての親が子どもの教育に対して積極的になれるはずです。就学後の塾などにお金をかけるよりも、むしろ幼児期に学ぶ楽しさを教える幼児教育こそ、子どもの本当の知的成長の基礎となるからです。