幼児教育は早めにスタートすべき

幼児教室とは幼児教育を行う場であります。幼児教室は幼稚園に入園前の3歳までに入ることが多く、幼稚園での集団生活をスムーズに行うためや、子供の能力を伸ばしてあげるためなどの目的があります。

また本当の意味で頭のよい子供に育てる為には3歳までの環境をしっかりと親が作ってあげることが重要になると言われています。知識の詰め込みや丸暗記などは小学校に入った後でも努力を行えば身に着けることができますが、想像力、解決力、思考力といった頭の良さを養うためには早期からそれ専用の教育を受けさせてあげることが重要なのです。

日々の育児だけでは、子供にとって想像力、解決力、思考力を完璧に養うことは難しいと言われています。3歳までの80%、6歳までに90%の子が脳の発達がその時期に決まってしまうと言われているのです。つまり幼児教育はできるだけ早めにスタートした方が効果が得られやすく、今後の人生を決定する要因になると言われています。

家庭保育園を通った体験談等を読むと、親子が、コミュニュケーションやスキンシップを子供と取りながら遊んだり、絵本を読んだり、することで、少しずつ大事にその子の考える力を養っていくようです。親子の触れ合いを通して、心を育ち、多くの事に興味を持たせるように親が教えるというのが、本来の幼児教育の成果のようです。

家庭保育園のように、自然の形で幼児教育をするのが、ノルマ至上主義の教育より、遠回りでも早い育児法なのかもしれません。