コードレスの電子黒板が主流

電子黒板もどんどん進化しているのですが、現在企業で使われているインタラクティブホワイトボードの多くは、コードレスの物が主流になっています。コードレスというのはコードがないので、コードに引っ掛けて転ぶという事故も発生しません。しかし、コードレスだと通信機能を使うことになるので、不具合が出ることもありました。
現在ではこのような不具合は起こりにくくなっているので、だいぶ通勤機能も向上しています。そのため、コードレスであっても問題なく使用できるインタラクティブホワイトボードがたくさん出てきたので、企業で行われている重要な会議であっても安心して使用できるようになりました。
昔はコードレスの製品を使うためには、ソフトウェアをインストールする必要があったのですが、現在ではソフトウェアをインストールする必要もなく、コードレスの製品を使用できる種類が多くなっています。今後はインタラクティブホワイトボードもどんどん進化していくので、もっと性能が高まってくるでしょう。