多数のモードが使用できる

電子黒板には使用する人が用途に合わせていろいろなモードが使えるようになっています。一般的にはファイルの選択や実行が可能になるマウスモード、専用フォーマットを使用できるプレゼンテーションモードなどが知られています。他にも多数のモードがあるのですが、インタラクティブホワイトボードによって使えるモードは異なっています。
スクリーンキャプチャー機能が使える描画モードもかなり便利なのですが、このようなモードは購入前にホームページで確認しておく必要があります。この企業ではどのようにインタラクティブホワイトボードを使っているのかによって、使いやすい種類と使いにくい種類があります。
さらに詳しい内容を知るために、問い合わせをして確認することも忘れてはいけません。開発のときに多く使用するのか、会議で多く使用するのか、新人研修で多く使用するのかによっても、使いやすいインタラクティブホワイトボードが変わってきます。最も使いやすいモードが導入されている電子黒板を購入しましょう。