辛口トークとキラキラネームについて

妻がやっている「ガールズちゃんねる」という女性向けの2ch?みたいなサイトで子供の名前のつけ方についての話しをみせられました。定期的に取り上げられる話題の一つがキラキラネームなのだそうです。皆さんの周りにキラキラネームいますか?というトピックが。皆さんの反応の中にも、もういいよ、この話題は。というものがありました。確かにそうなんですが、ついつい今回はどんなビックリするような名前が出ているんだろう、という期待で見てしまいます。そして、やっぱりありました。今回も期待を裏切らない名前がありました。「若尊」と書いて、、、?正解は「ジャクソン」!です。出ましたね、、。自分がこんな名前をつけられたらと思うと恐ろしくて身震いしてしまいますね。ほかにも、りあら、そあら、まりる、といった、期待を裏切らないキラキラネームが勢ぞろいしていました。キリンちゃんなんていうのも、、、。でもそんな意見だけではなく、子どものキラキラネームを叩いても意味はない、ここに名前が載ってしまった子どもがかわいそう、という意見がありました。確かにその通りですね。いちばんまっとうな意見です。子どもに罪はありませんよね。あんまり、キラキラネームを叩いてばかりというのも考えたほうが良いのかもしれませんね。

 

意外に面白かったので、ついでに他の話題も見させてもらいました。そこで見つけた話題について。最近、辛口を売り物にしている芸能人が増えていますよね。ご意見番的な立場であったり、本音で何でも言えることを売り物にしている人が増えています。でも、自分はみんなの意見を代表して言いたいことを言っているんだ的な話し方をされると、やっぱり鼻につくこともありますよね。そして、ガールズちゃんねるをご覧になっている方々の許せる辛口トーク芸能人は誰なのか?というのが興味をそそりました。

やはり有吉さんに、マツコデラックスという意見が多いですね。まあ、意見の分かれるところではありますが。渋いところで、毒蝮三太夫、立川談志なんていう意見も。確かに彼らであれば、万人が許してしまうようなところがありますね。辛口トークをしても許される人と目障りに感じる人ってどんな違いがあるんでしょうね。コツを知りたいものです。