幼児期の育児と教育の取り組み方-外食編-

日本は外食も非常に安く提供できるところも多く、食べ盛りの幼児を連れて行くのにも適したファミレスなどは非常に人気があります。子供が好きなメニューも非常に多いので、週末は家族連れで非常に繁盛しているでしょう。しかし、このような外食時にやはり問われるのが幼児の食事時のマナー等になります。

オープンスタイルのレストランになりますと子供が皿の音を立てたり、大声を出したりするケースも非常に多くなるでしょう。このような外食時のマナーの対策はどのように行っていくのかと申しますと、自宅できちんとしたマナーで食事をすることを心がけることに尽きるのです。

つまり、自宅で幼児に教え込んだ食事マナーは外食時にもダイレクトに生きて来ることで知られ、もしレストランなどで子供のマナーを注意できずに放置している親を発見した場合は自宅での食事マナーのしつけが上手く行っていないと大いに推測できるでしょう。このように食事のマナーは家庭内でしっかりと徹底しなければなりません。